探していた中古マンションが売りに出されたタイミング

結婚したての頃は転勤もあるかもしれないから賃貸がいいよね、と賃貸のマンションに住み始めた。移住支援のある地域もかんがえたが、始めは新婚補助金が出て賃貸料も安かったけれども、更新の度にどんどん賃貸料が上がっていく。手取りは不況のあおりで減っているのに。

家を買うことを考え始めた。新聞の折り込みチラシを週末に見ると、オープンハウスが開催されている。早速行ってみた。国道に近い中古マンションである。オープンハウスを見せてもらったら、とてもきれいで広い。しかし、国道沿いで排気ガスが心配。

必要条件は実家の近く。予算はあまりない。かつ住宅ローンが借りられる物件。あと日当たりのいいところ。不動産会社の方が希望の条件で調べてくださったが、ない。はじめは学区まで絞ってしまって、希望通りの物件がなかった。条件をもう少しひろげてもらったら、いい物件が出てくるかもしれないとのこと。いくつか不動産会社をまわったが条件を満たすものはない。

実家の近所で中古一戸建てが売りに出された。明らかに予算2倍以上の物件。不動産に行ってみたら、止められた。収入に見合わないと。高望み過ぎたか、やっぱり、とあきらめがついたが、後から電話がかかってきて、住宅ローンがぎりぎり借りれるとのことだった。子どもの学費にお金をかけるか、家だけにお金をかけるか。家だけにお金をかけるのはもったいない。 新聞を読んでいると『フラット35』という言葉がしきりに目に入ってくる。

学区は隣だけれども、駅に近く実家にも近い中古マンションがある。いくつかの不動産会社に物件があるか問い合わせてみたが、どこもないとのこと。何度かオープンハウス開催を見かけたことがある。

あきらめずにネットで物件を検索した。毎日、検索した。一回だけこのマンションが検索にひっかかったが、2度目検索したら、なかった。勘違いだったのかもしれない。

主人と相性の良かった営業さんに問い合わせてみたら、ないとのこと。その週末オープンハウスの広告が入っていた。別の不動産会社が専売しているらしい。

その不動産会社は問い合わせたことがなかったのだけれども、問い合わせてみた。私たちより先に、見に来た人たちがいるらしい。

主人はお風呂がきれいなのが気に入った。部屋もリフォームされていてきれいである。予算より200万ほどオーバーだったが、頭金で支払って、何とか買えた。

本当にこの物件をみつけられて良かったよね、と何度も主人は話題にしている。

強くて優しく、かっこいい息子が見せた弱い一面

東京都のシロアリ対策

小学3年生になる息子は、サッカーが上手で、わが子ながら甘い顔立ちでイケメン、頭も悪くなく学校では人気者でした。

いつも強気ででも優しく、親分肌なところもある息子で、私にとってもそれは変わらず、きっと父親がいないことで辛いこともあるだろうになんの弱音も吐かず、それどころかいつも私を気遣ってくれていました。

そんな息子がある日、「父さんがいないって変なのかな」とぽつりと言ったのです。胸に突き刺さるような一言でした。息子には申し訳なさでいっぱいで、最初は何も言えませんでした。

でも「どうしたの急に?」と聞くと、「なんでもない。そんなことないもんな。」とニカっと笑ってごまかすのでした。その様子が少し変だなと思っていました。

あるとき、学校の保護者会の関係で学校に行くと、担任の先生から「息子さん、最近大丈夫ですか?」と聞かれたのです。驚いて、「どしたんですか?」と聞くと、「最近、クラスの子たちとうまくいっていないようで、一人の時が多いんです。」と言われ、びっくりしてその日中に息子に聞きました。

「父さんがいないのは変だよって言われたんだ」と言うのです。「へんなことあるもんですか!それにあなたにはお父さんは今も変わらずいるのよ。いつでも会える!別で住んでるだけなのよ!」と泣きながら言いました。

すると息子はぽろりと涙を流し、「そうだよね。父さんはずっと僕の父さんだよね。」と言ったのです。

本当に胸が張り裂けそうでした。息子は次の日学校で「僕には父さんはいるよ。別で住んでるけど、父さんは父さんなんだ。変なことなんてないよ。」と友達に言うと「悪かった、変なこと言ってごめんな。」と言われ、仲直りしたそうです。

私は申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、なんだか息子がまた一つ、大人の男性に近づいたように見えました。

こどもの日なのに、ひな祭り?

「もうすぐこどもの日だねー。」

5歳になる息子にカレンダーを見ながら呟くと、「こどものひ?なにするひ?僕はこどもだから、ぼくの好きなものを食べていい日?」と返ってきました。

私に似て食いしん坊な息子です。

「そうだね、じゃあ◯◯くんの好きなものを食べようか。こいのぼりも泳がせようね。」と言うと

「やったー!」とバンザイする息子。お友達の前だとかっこつけてクールにふるまってるのに、ママの前だとまだかわいいなぁー、と嬉しくなったりして。

「◯◯くん、何でも食べられるとしたら、なにがたべたいの?」

こどもの日のレシピを考えようと尋ねると、

「うーん、あの、たけのことにんじんとしいたけが入った、甘くてすっぱいごはんと、貝殻とお花が入った、透明のおつゆ。」

、、それって、ちらし寿司と、あさりのお吸い物か?!

ひな祭りに作った時の写真を見せると、
「そう!それそれー!ぼくこのご飯だいすきなんだ♪」
と屈託なく笑っていた。

こどもの日なのに、ひな祭りになりそう、、。と思いつつ、可愛い愛息子のリクエストだから、ママ頑張るよ!

「◯◯くん、じゃあちらし寿司と貝殻のおつゆは、こどもの日に作るから、きょうは何がいい?」

うーんと考え込む息子。

「あの、このまえお外でご飯食べた時に出てきた、みどり色のおまめ。」

「それって、枝豆のこと?」

「それ!」

その渋さに笑ってしまいました。確かに以前お鍋屋さんに行った時、息子は肉やごはんそっちのけで、枝豆に夢中だったなぁ、、。

そしてスーパーに息子と行き、枝豆を買ってあげました。知らないうちに息子が右手に握ってたポケットモンスターのグミも、まんまと買わされたけど、可愛いから許してしまいました。