こどもの日なのに、ひな祭り?

「もうすぐこどもの日だねー。」

5歳になる息子にカレンダーを見ながら呟くと、「こどものひ?なにするひ?僕はこどもだから、ぼくの好きなものを食べていい日?」と返ってきました。

私に似て食いしん坊な息子です。

「そうだね、じゃあ◯◯くんの好きなものを食べようか。こいのぼりも泳がせようね。」と言うと

「やったー!」とバンザイする息子。お友達の前だとかっこつけてクールにふるまってるのに、ママの前だとまだかわいいなぁー、と嬉しくなったりして。

「◯◯くん、何でも食べられるとしたら、なにがたべたいの?」

こどもの日のレシピを考えようと尋ねると、

「うーん、あの、たけのことにんじんとしいたけが入った、甘くてすっぱいごはんと、貝殻とお花が入った、透明のおつゆ。」

、、それって、ちらし寿司と、あさりのお吸い物か?!

ひな祭りに作った時の写真を見せると、
「そう!それそれー!ぼくこのご飯だいすきなんだ♪」
と屈託なく笑っていた。

こどもの日なのに、ひな祭りになりそう、、。と思いつつ、可愛い愛息子のリクエストだから、ママ頑張るよ!

「◯◯くん、じゃあちらし寿司と貝殻のおつゆは、こどもの日に作るから、きょうは何がいい?」

うーんと考え込む息子。

「あの、このまえお外でご飯食べた時に出てきた、みどり色のおまめ。」

「それって、枝豆のこと?」

「それ!」

その渋さに笑ってしまいました。確かに以前お鍋屋さんに行った時、息子は肉やごはんそっちのけで、枝豆に夢中だったなぁ、、。

そしてスーパーに息子と行き、枝豆を買ってあげました。知らないうちに息子が右手に握ってたポケットモンスターのグミも、まんまと買わされたけど、可愛いから許してしまいました。